ABOUT 網博

日本に住んでいる外国人の方々に寄り添い、身近な存在として、頼りになる会社でありたいという信念を持っています。急激に変化する時代に応じるため、多様なサービスの開発にも力を注ぎ、社会において、真の価値があり、貢献できる存在を目指しています。
お客様への人材紹介にととまらず、不動産事業と通信事業、新電力事業も幅広く展開し続けています。外国人の方々の日本における生活とインフラ面もサポートします。

企業沿革

2001年8月 網博グループは通信技術サービス会社(東京)を設立し、12月には主に電気通信事業の販売に従事するNCC株式会社を設立しました。
2004年2月 中国網博福州支店(福州網博電信株式会社)が設立され、電気通信、メディア、食品関連のコールセンターが開設され、
同年11月に台湾で国際ローミングサービスが開始されました。
2005年1月 網博株式会社が設立されました(網博グループ)。
2005年2月 KDDIメタルプラスによって承認されました。
2005年11月 中国包頭支店(包頭長義有限公司)が設立されました。
2006年1月 日本の観光客に向け、国際電話転送サービスが開始されました。
2006年2月 「網博週刊」が創立されました。
2006年5月 網博横浜支店が設立され、事業には食品が足を踏み入れました。
2006年8月 同社は世界56カ国で事業を展開し、無料の国際電話サービスを開始しました。
2007年4月 網博香港支店が設立されました。主に国際貿易業務。
2008年6月 網博上海支店が設立されました。
2009年7月 網博韓国支店が設立されました。
2011年3月 当社は中国の北京のメディアのVIVAと協力し、オンライン営業の販売を開始。
2012年4月 飲食業を開拓し、日本の居酒屋業界に参入し、「鶴龍」を開業する。
2016年5月 網博天使投資を開始。
2017年3月 網博PAY 株式会社が設立され、支払いフォームが確立されました。
2019年3月 株式会社網博Jobを設立。人材紹介、人材派遣事業を開始。
2021年 リサイクル事業を開始。
2021年 ECプラットホーム事業を開始。
2021年 網博科技物流㈱を設立し、国際物流事業を開始。

Copyright © Amihaku CO.,LTD All rights Reserved.